otoku otaku

otoku otaku

セールや福袋、バーゲン、雑誌付録などのお得情報をわかりやすくまとめていきます。

MENU

【肥料・液肥・置肥】趣味の園芸の始め方!害虫駆除や生育不良の悩みにも

f:id:otoku-otaku:20210404124047j:plain
「園芸を始めたいと思っている」「そろそろ本格的に植え付けや寄植えをしたいと思っている」などお考えの皆さん。すでにいくつか植えてみたけど「うまく育たない」「害虫にやられてしまった」とお悩みの方。

お花や鉢はすでにお持ちでも、「肥料や活力剤についてはよくわからない」という方も多いのではないでしょうか。

今回は肥料や活力剤、防虫剤など園芸を本格的に始めるにあたっておすすめなアイテムをご紹介します♪

筆者が実際に色々調べて使用しているアイテムをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

肥料について

f:id:otoku-otaku:20210404122237p:plain
モノタロウ

野菜の収穫量を増やしたり、美しく花を咲かせたりするために欠かせないのが肥料です。不足している栄養分を補い、健やかな成長を促進します。しかし含まれている成分や種類は実に様々です。どんな要素があるのかを知り、自分が育てている植物に適した肥料を選びましょう。

肥料の要素と種類 【通販モノタロウ】

肥料には【液体肥料】と【固形肥料】の2つの種類があります。

液体肥料は水やりの際に水に混ぜて使うもので、即効性はあるが、持続効果が短いという特徴があります。大体1~2週間に1度の頻度で与えます。

固形肥料は土に混ぜたり、表面に置いて使うもので、水やりによって少しずつ栄養が溶け出すため、効果が緩やかに持続するのが特徴です。1-2ヶ月に一度ほど様子を見て肥料の形がなくなったら追加する程度で良いかと思います。

美しく花を咲かせるにはどちらも合わせて使うことをおすすめしますが、水やりの際こまめに液体肥料を使える方は液体肥料を、水やりのたびに肥料足す余裕がない方は固形肥料を使用するといいと思います^^

液体肥料(日々の水やりに混ぜる)

初心者におすすめ!オーソドックスな液体肥料

害虫でお悩みの方におすすめ!殺虫剤入りの液体肥料

水耕栽培にも使える!水に溶かす粉タイプの肥料

固形肥料(1-2ヶ月ごとに様子見)

土の表面に置くタイプの肥料

植え込み時に土に混ぜ込むタイプの肥料

活力剤

活力剤は肥料とは異なります。肥料がご飯だとしたら、活力剤は栄養剤のような効果があり、元気のない植物に活力剤を与えてくれるものです。

<こんな時におすすめ>

・暑さでバテ気味の時や冬の寒さへの抵抗性をつけたい
・植えつけや植え替え時の根の活力アップ
・さし木・さし芽・株分け時
・野菜のカルシウム欠乏症(トマトの尻腐れ症、ハクサイの芯腐れ症など)の予防に
根の張りを良くしたい
・成り疲れで元気がない
※参照ハイポネックスhttps://www.hyponex.co.jp/item/?p=718/

※アンプルタイプは100均などでも売ってますね。水に混ぜて使うのが面倒な方は土に刺すだけのアンプルがおすすめ^^使用間隔は2週間に1回程度です。

殺虫剤

植え込み時に土に混ぜたり、株元にパラパラと巻くタイプの殺虫剤です。

ベニカxガード粒剤

昨年発売されたばかりであまり知らない人も多いかもしれませんが、殺虫スプレーが人気のベニカスプレーを出している住友化学園芸から粒タイプが登場!
バラなどの虫や病気になりやすい植物を育てるときにおすすめです。
殺虫剤予防のW効果

オルトランシリーズ

ガーデナーに長く愛されるオルトランシリーズは家庭園芸用と、効果の幅が広いDXがあり。
パッケージはチャック付きタイプと、使いやすいふりかけ(?)タイプがあります。
家庭園芸用

2つの殺虫成分入り

梅雨のナメクジ対策には

ハイポネックスのナメトールがおすすめ。
雨・湿気に強く、有機栽培にも使用できます。イヌ・ネコにも安心なナメクジ駆除剤で、食べ残された粒は土壌微生物の働きで徐々に自然に戻ります。

まとめ

肥料は植物や花をしっかり育てるために役立つものですが、薬と同じで目的にあったものを適切な時期に、適切な頻度で正しく使うことが大切です。

早く育ってほしいからといって肥料を上げすぎてしまうと、きちんと育たなかったり肥料焼けしてダメになってしまうこともありますので、使用説明をしっかり読んで正しく使いましょう♪
otoku-otaku.hatenadiary.com
otoku-otaku.hatenadiary.com

肥料や園芸資材の購入はau PAY マーケットがおすすめ♪
otoku-otaku.hatenadiary.com